アニメ

【感想-B】アナと雪の女王(ネタバレあり)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おすすめする視聴者層

  • 子育て中の母親・父親
  • コンプレックスを抱えている大人の女性
  • プリンセスに憧れる、または憧れていた女の子

簡単な作品紹介

不思議な魔法の力を持っていたことで、人と関わることをさけるようになってしまった王女エルサと、妹アナの真実の愛の物語です。

作品を見た理由

テレビやメディアで連日のごとく宣伝されていたので、気になって観に行きました。

ディズニー映画は、それまで地上波での放送やビデオでしか見たことがありませんでした。

しかし歌声にも惹かれ、足を運ぶこととなりました。

映像作品として面白いと思った特徴①

無邪気で天真爛漫な妹アナとは対照的に、姉のエルサは内向的な性格であり、あえてエルサを主人公のひとりとしたことが面白いと思いました。

例えば、それまでディズニーのプリンセスと言えば、明るく大胆で積極的なヒロインが主流でした。

アナも、妹を傷つけてしまうまでは明るい性格だったのです。

コンプレックスやトラウマを乗り越えていく姿が見ていて感動します。

ちなみに、ディズニーでは初めての2人のディズニープリンセスを主人公とした作品です。

映像作品として面白いと思った特徴②

この映画ではヒーローは存在せず、あえていうのならばアナとエルサがお互いのヒーローでありヒロインだと言うことが面白いと思いました。

例えば、劇中に出てきた王子ハンスは、アナを愛してはおらず利用し成り上がろうとしていただけの悪党でした。

互いのピンチにかけつけ、救い出すのは他のだれでもない、この尊い姉妹だけなのです。

男たちの救いがあるとするなら、クリストフの優しさがアナに届き、恋人となれたことくらいでしょうか。

映像作品として面白いと思った特徴③

この映画に流れていた歌は、本編を観ていない人でも歌うことができるくらい有名になった、というのが面白いです。

例えば、めったにディズニー映画を観ないわたしの母親でさえ、歌をしっていたので驚きました。

「ありのままで」という歌は覚えやすく歌いやすいため、耳に残ります。

また、日本語で歌うエルサ役の松たか子の歌は世界中から高評価を受けています。

歌手としてはMay.Jの方が上手いと思うのですが、エルサが歌うことにより、心に響くものがあります。

見る前と見た後で、変化したと思われる考え方や行動

それまで私は、ディズニープリンセス映画は童話の中の夢物語というような偏見がありました。

ちなみに、ディズニーでもミッキーとプーさんのような癒し系キャラは好きです。

プリンセス遊びをして育ってきていないので、お姫様への憧れは皆無でした。

その私が、プリンセスであるエルサに共感する日が来ることになるとは思いもしませんでした。

妹を傷つけてしまったトラウマにより内向的になってしまったストーリーが、ささる人は少なくないはずです。

観終わった後、エルサが好きだと胸をはって言えました。

全体を通じて、見たことで得られた結論

もしあやまって人を傷つけてしまったとしても、おそれて人を避ける必要はないということです。

言葉や行動は、人間なのだから訓練すれば制御できるようになるのです。

一歩踏み出すのをおそれずに、関わろうとしてくる家族や周りの人たちの手をとってほしいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る