ビジネス

合同会社と株式会社の違い「費用・株式・変更」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こちらの記事は、合同会社と株式会社の違いについて知りたい方に向けて書いてあります。

  1. 合同会社の方が株式会社より設立費用が安い
  2. 合同会社は株式がないので、急拡大は難しい
  3. 合同会社と株式会社は後からでも変更できる

この三点が重要です。細かいことは他の記事に任せて、この記事ではざっくり比較します。

1.合同会社の方が株式会社より設立費用が安い

電子定款で申請する場合、株式会社の設立費用は約20万円、合同会社の設立費用は約6万円です。

株式会社を作るには、定款と呼ばれる書類の認証が必要ですが、合同会社の場合は認証が不要です。

そのため、株式会社は定款の認証に時間的、金銭的コストもかかるので、負担が大きいと言えます。

つまり、設立費用を安く済ませたかったり、早く登記したいときは、合同会社で設立すると良いです。

2.合同会社は株式がないので、急拡大は難しい

株式会社は、株式を発行して出資を集めて事業を始められるので、急拡大しやすいといえます。

合同会社は、株式を発行しないので、自己資金のみで小中規模の事業を起こすのに向いています。

株式会社はスタートアップ型、合同会社はスモールビジネス型に向いているとも表現ができます。

3.合同会社と株式会社は後からでも変更できる

株式会社から合同会社、合同会社から株式会社に変更すると約10万円かかります。

最初から株式会社を設立するより合同会社を設立してから株式会社に変更すると、

費用は約20万円ー(約6万円+約10万円)=約4万円ほどお得なことがわかります。

そのため、早期に資金を集めなくて良い状況なら、合同会社を設立しても良いです。

そして、合同会社として事業が軌道に乗ってから、株式会社にしても良いでしょう。

大規模な株式会社が意思決定の迅速化などの理由で合同会社になることもあります。

  • グーグル合同会社
  • アマゾンジャパン合同会社
  • Apple Japan合同会社
  • eBay Japan合同会社

など、錚々たる企業が今までに株式会社から合同会社へと変更していたりします。

まとめ

事業内容にもよりますが、合同会社も株式会社もどちらにも良いところがあります。

最初から大きくするなら株式会社、リスクを抑えるなら合同会社をおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る