ビジネス

合同会社の設立で法務局に提出が必要な書類7種

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

合同会社を設立するためには、以下の7種類の書類を作成して法務局に提出する必要があります。

  1. 合同会社設立登記申請書
  2. 収入印紙添付台紙
  3. 定款
  4. 登記すべき事項
  5. 代表社員、本店所在地及び資本金決定書
  6. 就任承諾書
  7. 資本金払込の証明書

何の書類を作る必要があるか法務局の無料相談会で担当者に教えていただいてから作成しました。

これらの文書は、ネット上に雛形が落ちているので、自社用に穴埋めすれば自力で作成できます。

なお、合同会社は株式会社と違って決算報告義務がなく、重要な報告は官報で行う必要があります。

そのため、定款などの公告方法として「電子公告」ではなく、「官報で行う」とした方が無難です。

上記書類の作成順序の注意事項としては、3.定款→7.資本金払込の証明書としなければなりません。

定款作成後に資本金を払い込む決まりがあるからです。この流れを意識して作成日を書きましょう。

参考リンク:法務局、商業・法人登記の申請書様式、持分会社(合同会社)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

最新の投稿

固定ページ

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930