漫画

なぜ学び続けるのでしょう?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

漫画「MASTER KEATON」で忘れがたい一節があります。

主人公でフリーの考古学者であるキートンは、授業中に生徒から「なぜ学び続けるのでしょう?」と聞かれ、こう答えます。

人間は一生、学び続けるべきです。人間には好奇心、知る喜びがある。肩書きや、出世して大臣になるために、学ぶのではないのです……では、なぜ学び続けるのでしょう?…………それが人間の使命だからです。

浦沢直樹・画、勝鹿北星・作、MASTER KEATON、3巻、p.24、小学館

「好奇心」や「知る喜び」は自分の「内側」の感情です。

「肩書」や「出世」は自分の「外側」のステータスです。

一般的には、「自分の内側の感覚を大切にしましょう」で話が終りがちです。

しかし、ここで、最後に「それが人間の使命だから」とも付け加えています。

その背景として、キートンの師匠が、戦時中に空爆を受けながらも、授業を中断しなかったエピソードが挙げられます。

授業では「ボーっとしていた」ことが多かったのですが、平和の世の中で勉強できることの恵みに気付かされる話です。

「なぜ学び続けるのでしょう?」の理由を「探求し続けること=学び続ける」ことで理由と使命が一致するのでしょう。


MASTERキートン (3) (ビッグコミックス)

(書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

最新の投稿

固定ページ

2021年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930