ドラマ

【感想】逃げるは恥だが役に立つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おすすめする視聴者層

  • 婚期を逃してしまった理系男性
  • 婚活真っ只中の結婚適齢期の女性
  • 充実した生活を送る、結婚に興味のない30代前後の女性

簡単な作品紹介

森山みくりは、津崎平匡の家で家事代行の仕事をするうちに「契約結婚」をすることになります。
こじらせ理系男子の平匡と、現実主義のみくりのほっこりラブコメディです。

作品を見た理由

「恋ダンス」など、テレビやSNSで取り上げているメディアが多く、目に入ってきました。
星野源は歌手であることだけは知っていましたが、興味はそれほどありませんでした。
ほぼガッキーの可愛さ目当てで観ていた視聴者です。

映像作品として面白いと思った特徴①

他人と交流するのが苦手だと思われる平匡は口数も少なく、表情も乏しく感情をあまり表すことがありませんでした。
しかしみくりと関わるようになるにつれ、感情豊かになっていったのが分かりやすく、面白かったです。

例えば、「ハグの日」のときの大胆なみくりに対する挙動が明らかにおかしく、面白かったです。
会社にいる時は、ほぼ一人で淡々とパソコンに向かうだけなので、人と関わると鍛えられる表情筋が発達していなかったのでしょう。

映像作品として面白いと思った特徴②

表立ってお喋りではないみくりは、心の中で呟く量が多いです。
しかも自分自身と会話しているような、いわゆる「妄想癖」のみくりが面白かったです。
例えば、「徹子の部屋」や「情熱大陸」など、テレビ番組のパロディがみくりの脳内で表現されているのは秀逸でした。
妄想中の演技がわざと下手で誇張されているので、ストーリー自体とは関係ないものとして考えられます。
そのため、ただ単にお笑い要素として楽しむことが出来ました。

映像作品として面白いと思った特徴③

世間で一大ブームとなったエンディングで流れる「恋ダンス」です。
朝の情報番組でも特集を組まれたり、昼番組でも同様に、夜もバラエティで真似したりガッキーの可愛さに悶える視聴者が多かったです。
テレビのみならず、SNSでも大流行していました。
例えば、Youtubeではこぞって恋ダンスを踊るインフルエンサーたちで溢れかえっていました。
優しい歌声のアーティストとしての星野源と、ただただ可愛い新垣結衣のダンスが最高です。

見る前と見た後で、変化したと思われる考え方や行動

それまでは星野源という人物を深く知りませんでした。
この逃げ恥のドラマを観たのがきっかけで星野源さんについて調べるようになりました。
パニック障害など大変な病気を乗り越えてきた苦労人だと知りました。
もちろん、楽曲のすばらしさは言うまでもなく、「多才な星野源」であることを知りました。

全体を通じて、見たことで得られた結論

結婚というのはなぜか神秘的なロマンチックなものとして考えられています。
恋愛の果てに結婚した人は間違いなく幸せだというロジックも、崩れ始めています。
ただ、契約結婚として始まった夫婦も、一緒に過ごすうちに「家族愛」は必ず生まれます。
そしていつしか本当の夫婦となるのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

最新の投稿

固定ページ

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930