アニメ

【感想】パーフェクトブルー(R-15指定作品)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おすすめする視聴者層

  • 狂気を孕んだ作品が好きな方
  • 個性的で美しい絵柄が好きな方
  • 深く沈み込むようなストーリーが好きな方

簡単な作品紹介

この作品は、アイドルだったヒロイン・未麻(みま)が女優に転身する所から始まります。

そして理想と現実とのギャップ、ストーカーの出現などによって、未麻は徐々に夢と現実の境目を無くしていきます。

作品を見た理由

同じ監督のアニメ作品「パプリカ」のファンだったため、この監督の作品をもっと見たいと思い、「パーフェクトブルー」に手を伸ばしました。

絵の美しさはパプリカが至高だと思っていましたが、意外にもこの作品の粗さが残る美しさに心奪われてしまい、一瞬でこの作品を好きになりました。

映像作品として面白いと思った特徴①

この作品は、とにかく絵が美しいところが魅力です。

パプリカほど洗練されていない、やや粗さが残る作画だからこその個性的な魅力。

あまりの美しさに、2回目に視聴した時には気になったシーンで何度も停止ボタンを押してしまいましたが、どこで止めても美しく、徹底的にこだわり抜かれて描かれていることがよく分かります。

1枚の絵として見ても美しいのですが、ヒロインをはじめ、キャラクターたちの動作もまた美しく魅力的です。

映像作品として面白いと思った特徴②

この作品では、ヒロイン・未麻が徐々に現実と夢との境目を無くしていくのが見どころですが、そのあたりの描写が本当に素晴らしいです。

この作品を通して、「夢と現実の境目を失っていくヒロイン」を見る、というよりは、ヒロインの目を通して「夢と現実との境界が曖昧になっていく」さまを見る、と言った方が正しいくらいの描写力で、観ているこっちの頭がおかしくなりそうだと感じました。

そのくらい、視聴者を引きずり込んでしまう作品です。

映像作品として面白いと思った特徴③

この作品は音楽も素晴らしいです。

美しい絵に、観る人を引きずり込むようなストーリーがこの作品の特徴ですが、それだけではこの作品は成り立たないと思います。

特に、ヒロインが夢と現実の境界を失っていく流れは、映像だけではきっと伝わり切りません。

異様に単調な、それでいて頭が冴えていくような独特な音楽があるからこそ、視聴者に「自分の頭までおかしくなりそうだ」と思わせるようなストーリーが完成しているのだと思います。

アニメを見る前と見た後で、変化したと思われる考え方や行動

私は普段絵を描くのですが、この作品の絵に深く感銘を受け、Blu-rayを購入して何度もこの作品の絵(特にヒロインの姿)を模写しました。

そのため、この作品を視聴したことによって自分の絵柄が少なからず影響を受けています。

全体を通じて、見たことで得られた結論

私は洗練された絵こそ美しいと思っていたのですが、まだ完成していない、粗削りの時期特有の美というものがあると、この作品を通して知りました。

だから、自分のまだ未熟な部分にも実は魅力があるのだと分かり、一層やる気がわいてきました。

パーフェクトブルー【Blu-ray】 [ 岩男潤子 ]

価格:5,442円
(2021/7/15 23:41時点)
感想(2件)

「パーフェクトブルー」を視聴できる配信サービス

music.jp

music.jp

Hulu

人気の映画・ドラマが月額1,026円で今すぐ見放題!2週間無料トライアル!

本ページの情報は2021年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る