音楽

Vaporwave is Dead (and Revive ?)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Vaprwave(ヴェイパーウェイブ)は2010年代初めにインターネット上を中心に生まれた音楽ジャンルです。

商業的音楽を切り貼りと加工で解体している点が特徴で、消費社会や大衆文化の皮肉と風刺に満ちています。

本記事では、Vaporwave音楽を初めて聞く人でも気楽に聞きやすい楽曲を序・破・急に見立てて紹介します。

序:Floral Shoppe

ヘリオス像の頭部は意識偏重、Shoppeは資本主義を象徴であり、代替現実ゲームの影響を受けています。

破:Vaporwave is Dead

ジャンルとしてだけでなくポストモダン・シミュラークルしてのVaporwaveも「死んだ」のでしょうか。

急:Untitled

むしろ、「死んだ」ことにより、「復活する」ことができ、文化として永遠に残り続けるのでしょうか。

おまけ:加速主義との関係性について

筆者は、Vaporwaveについて、加速主義(Accelerationism)との関連性から興味を持ったのでした。

Is it a critique of capitalism or a capitulation to it? Both and neither. These musicians can be read as sarcastic anti-capitalists revealing the lies and slippages of modern techno-culture and its representations, or as its willing facilitators, shivering with delight upon each new wave of delicious sound. We could apply to their music a term used to describe a certain sentiment and praxis that has recently gained currency among philosophers of capitalism: accelerationism.

Adam Harper、Comment: Vaporwave and the pop-art of the virtual plaza

参考資料

新蒸気波要点ガイド

Vaporwaveの文化的背景や歴史について網羅的に書いてます。

ニック・ランドと新反動主義-現代世界を覆う〈ダーク〉な思想-

加速主義との関連性について言及されてます(pp.201-213)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

最新の投稿

固定ページ

2021年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930